2015年01月02日

気合(60.7)

p10227.png
画力がないのでサイズ感がガバガバである



拍手返信

>まとまったー! 見やすいです。
>三話は前中後編みたいになってませんでしたっけ?

良かった!あんなサイトでも作るのにほぼ1日かかりました!
各話ごとの長さがアンバランスですが、変に区切るよりわかりやすいかなと思いまして。紙媒体と違ってページ制限とかも気にしなくいいですしね。

>犯されるまで懲りない子!
>当番ゆえ致し方なし…

転んでも諦めないのはいいですが、ちゃんと反省はしないと、いつか取り返しの付かないことになりますよね!

>あけましておめでとうございます。
>まとめ、見やすいです。

あけましておめでとうございます。
まとめはとにかくわかりやすくしたいと思いましたので、そう言ってもらえると嬉しいです!
この記事へのコメント
まとめを読んで思ったんですが
第一話ラストの「結局あの作戦に参加した人は〜」ってモノローグは
どの時点での回想なんでしょう?
Posted by at 2015年01月02日 23:56
お前の声ゴボゴボじゃねーか(かわいい)

水中での距離とかサイズは
実際に掴みづらいらしいから 多少はね?
Posted by at 2015年01月03日 00:45
まだまだ二人は余裕ありそう
Posted by ハマグリ at 2015年01月03日 03:56
うん、この2人なら危なくなりそうな気配がしないw
Posted by ダイモン at 2015年01月04日 01:53
>Posted by at 2015年01月02日 23:56さん
実穂が第二部の主人公に語っている設定ですから、おおよそ10年後?くらいでしょうか。
今のペースだと死ぬまで書いてもたどり着けません!

>Posted by at 2015年01月03日 00:45さん
そうです、デッサンが狂ってるんじゃない、空間がゆがんでいるのです!

>ハマグリさん
まだまだ本気は出してない感じですね!

>ダイモンさん
まぁ負けることはないでしょう!でもピンチにもなってもらわないと話が・・・。
Posted by kedo at 2015年01月04日 03:13
将を射んと欲すればまず馬を射よ、
精霊の加護があるならまずはその精霊から犯してしまえばいいのではないか。
触手くんならきっとできる!(無責任)

Posted by at 2015年01月04日 10:26
>Posted by at 2015年01月04日 10:26さん
精霊パワーさえなくせばただのコスプレ女子ですからね!
しかし実は精霊というのはシステムや行為のようなもので、物質としては存在していなかったりします。
ウンディーネやシルフといったかわいい妖精ちゃんではないのです・・・残念ながら・・・。
Posted by kedo at 2015年01月04日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109747038
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック