2013年11月29日

年末到来(66.4)

p04-93.jpg



日記
新世紀 淫魔聖伝 Special Edition 淫の章
懐かしいです。2巻の真緒と3巻のメガネと4巻の瞳で1000万回抜いた。
この手のオリジナル触手エロアニメって昔はたくさんあったのに、いつの間にかなくなってしまいましたね。
10年以上前の作品がこうやって出るくらい需要があるなら、またどこかチャレンジしてくれないです。
この記事へのコメント
お母さん、とんでもないことに・・・!
どう見ても大丈夫じゃないw
Posted by ダイモン at 2013年11月29日 03:48
カナちゃんのお母さん…なんてむごいことに。ここにいたってことはクマーの慰み者扱いされてたのですか?
Posted by at 2013年11月29日 06:57
おわー、こんな風になるんじゃそりゃマリアちゃんも注意されるわ・・・
意識があるのは残されてるのか、母の愛なのか?
Posted by at 2013年11月29日 07:57
次のページで不意打ちくらいそう
Posted by at 2013年11月29日 08:05
うう・・正直この展開は心が痛いw
仮に意識が正常になっても、子供と夫を失った悲しみを受け止めなければいけないとなれば、不憫すぎる。
Posted by feel at 2013年11月29日 22:49
ひ、ひでえ

せいぜい消化管で卵が孵化して上と下の口やマン○から虫が出てくるくらいかと思ってたよ

まあそーゆーの大好きな変態だから美少女剣士の敗北が好きなんだけどね!

まあ、今回のは流石にアウトコース斜め上いってるよね
そろそろ主人公がヤバイ気がする
Posted by at 2013年11月29日 23:16
マリアちゃんくらいなら苗床化しても外傷的には大丈夫じゃないでしょうかね?
お口と下の穴からはドバドバ出るだろうけど!
Posted by ダイモン at 2013年11月30日 00:07
クマーの檻にいるってことは・・・ずっとヤられ続けてたんですねぇ…。

精神にクる良い展開だ。
Posted by at 2013年11月30日 03:02
>ダイモンさん1
リョナ漫画では、一般人が試し割り的にやられちゃうのは宿命ですね・・・。

>Posted by at 2013年11月29日 06:57さん
ぐっちょんぐっちょんに犯られたうえ、猫が玩具をもてあそぶように扱われていたと思われます。

>Posted by at 2013年11月29日 07:57さん
シャスールがこんな形で侵食されることは考えにくいですが、霊装が解ければその限りではありませんからね。
気がかりなことがあるので、耐えれているようです。

>Posted by at 2013年11月29日 08:05さん
毎回毎回そんな同じパターンを使うわけが・・・・・・あります。

>feelさん
確かに助かっても、家族は殺され、容姿はボロボロ、まともに歩けるようになるかも怪しいところで可哀想すぎです。

>Posted by at 2013年11月29日 23:16さん
シャスールであれば、体内で繁殖されることはあっても、肉体を侵食されることはなかなかありえないので、その程度ですみそうです!
とはいえ、主人公格のキャラがヤバい事になる時にも、表現的な容赦は全くせずに書いていきたいですね!

>ダイモンさん2
そうなのです、精霊はグレイグを天敵なので、その加護を受けたシャスールの肉体を物理的に侵食することは難しいのです。
中で繁殖することはできるので、体内陵辱排泄で肉体的・精神的に疲弊させるのは有効です!

>Posted by at 2013年11月30日 03:02さん
グレイグに侵食されていなければ、外傷性ショックで死ぬくらい乱暴になぶられていたみたいですね。
Posted by kedo at 2013年11月30日 11:04
最近寒いですな!
Posted by at 2013年12月02日 00:29
>Posted by at 2013年12月02日 00:29さん
寒すぎて布団から出られない日々が続いています!助けて!
Posted by kedo at 2013年12月02日 12:30
年末到来・・・今、何年だっけ? 巳、午、未申、クマ・・・
Posted by at 2013年12月03日 05:47
>Posted by at 2013年12月03日 05:47さん
今は辰年24月だと思うんですけど何か?

蛇登場まではネームを切っているので、馬をオスにして、来年中に午×巳で一気に済ませるという作戦を考えましたが、そういう考え通りに行った試しはいまだかつて一度もありませんね!
Posted by kedo at 2013年12月03日 17:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81626422
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック